本当に長持ちするのかな?
もし長く持たなかったらどうしよう?
そんなあなたのために…

安心の保証制度
(院内保証)について

当院ではインプラント治療を行われた方に
10年間の保証制度(院内保証)を設けております。
もしインプラントと骨の結合が失われた場合は、インプラントの治療保証を行っており再度埋入いたします。
インプラント治療はどれ程持つものですか?一生持つものですか?寿命(耐用年数)は?…と、聞かれることがありますが、
一生持たせている方も多くいる一方、短期間でダメになってしまっている方もいらっしゃると聞きます。

当院ではこれまで2,000本以上の
インプラント治療を行っていますが、
インプラントがダメになったことは、
ほとんどありません。

確かにインプラントも天然歯のように、歯周病菌に感染したりすることがあります。それによりインプラントが脱落してくることもあるわけですが、きちんと予防メンテナンスや歯磨きをしていれば、天然歯だけでなくインプラントも長持ちします。
しかし、それでも本当に長持ちするのだろうかと不安に思う方もいらっしゃいます。
そのため当院では、患者さんに長期的に安心してインプラントを使用してもらえるように、10年保証(院内保証)とし、
万が一の場合に備えて治療保証することとしました。

保証内容
(保証プラン)

インプラント体10年保証
セラミック冠(上部構造)5年保証

保証の対象とならない場合

  • 患者さんの重大な不注意や不慮の事故(交通事故)など、明らかに当院の責任でない場合
  • マウスピース(ナイトガード)の不使用など(セラミック冠の破損が起きやすくなります)
  • 当院の定めるメンテナンスを受けていただけなかった場合(1~2か月に一度の予防メンテナンス)

上記に該当する場合では、保証期間内の場合であっても、上部構造を含めた再治療・再製作・修理などの費用は有料となり保証の対象外となり治療費が掛かりますのでご注意ください。

インプラントを
長持ちさせる秘訣

インプラントを長持ちさせる秘訣
その1
歯科医院での定期的な
予防メンテナンス

*

インプラントは、何もしなくても半永久的に持つと思われている方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。歯周病菌は天然歯だけでなくインプラントにも悪さをします。
定期的にかかりつけの歯科医院でメンテナンスを受けることによって、バイオフィルムや歯石を除去し、きれいな状態を保つことで、長持ちさせることが出来ます。
歯周病となり、そのままにしておくと、 骨が溶けてグラグラになり抜けてしまうことも。天然歯と同じく感染してほっておくと、 ダメになることも。

インプラントを長持ちさせる秘訣
その2
ご自宅でのきちんとした歯磨き

*

歯科医院にて定期的に予防メンテナンスをしていれば、普段の歯磨きはあまりしなくても…とか、少しさぼってもいい…などと思われる方がたまにいらっしゃいますが、それでは歯周病菌が繁殖してインプラントだけでなく、残っている天然の歯まで失いかねません。
そのため、ご自宅でもご自分で虫歯や歯周病にならないよう食後の歯磨きをしっかりとすることが、長持ちさせるためにとても大切なのです。

インプラントを長持ちさせる秘訣
その3
悪習癖の改善
(ナイトガードの夜間での使用など)

*

歯を失う主な原因に、歯周病があげられることはご存知の方も多いかと思いますが、もう一つの大きな原因として悪習癖があります。いわゆる、食いしばり、歯ぎしりなどです。 特に寝ている時の歯ぎしりや食いしばりは、体重の1~3倍くらいの力で噛んでいると言われおり、歯にとっての負担は大きく、破折してしまうケースもあると言われています。それを防ぐためにマウスピース(ナイトガード)を夜間使用することで、大切な歯を守っていくことが重要となります。 またTCH(早期接触癖)と言われる、起きている時に軽い接触状態が長く続くことも、歯に大きなダメージが残り、歯を失う原因になると言われています。これは、意識することによって、改善することも出来ます。

*

インプラントだけでなく
他の歯を守ることもできるので
歯を失うリスクが下がります

可児市・多治見市でインプラントなら、
ただこし歯科クリニック!

インプラント治療に関する疑問不安など、
何でもお気軽にご相談ください

ページの先頭へ戻る